You think of going home since the sky got bright but the moment you step out it’s hot af. It’s lukewarm as if an outside cooler is slightly breezing, and the air won’t circulate. There’s drunkards fallen alongside the road. A few crows are picking at the trash, and the rats running over the trash in disarray. When you just thought you’ve barely avoided someone pissing in an alley you come out in the main street there passes a decorated truck blaring with unsettling music. There’s youngsters coming your way out from a party. It’s all so unpleasant. We’re all sick of this town that resembles a pile of rubbish. We should listen to very pleasant jazz music instead.

空が明るくなってきたので、そろそろ帰えろうと店を出るとまだ蒸し暑い。室外機の風を受けているみたいに生暖かく、空気が淀んでいる。道端に泥酔したやつが転がってる。数羽のカラスがゴミ袋をつつき、散乱したゴミの後ろをネズミが横切る。立小便と思われる跡を避け、通りに出ると、粋がった改造車が不快な音楽を爆音で鳴らしながら通り過ぎる。浮かれたクラブ帰りの若者達が歩道いっぱいに広がって我が物顔で向かってくる。実に不快だ。こんな掃き溜めの街にはうんざりだ。 軽快なJazz Liveでも聞こう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です